1934年、遼寧省営口営竜竜事件の真相が明らかにされた。「竜の死体」の正体はナガスクジラ

時間:2020-03-31 15:01:34作成者:KANG出典:www.sekainonazo.net最多記録:現在地:兄弟学位 > 異常 > モバイルリーディング

1930年代、遼寧省営口市で衝撃的な事件が発生した。空から落ちた生きた竜を発見した人が多く、この事件を遼寧と呼んだ営口落下竜事件。事件後、中国では無数の人の注目を集めた。CCTV記者が取材・取材に行ったとのこと。この事件の真相は?ドラゴンは実在するのか?一緒に見直してみよう。どうした?

1934年営口、遼寧、落下竜事件:

事件の時期:1934年7月上旬第一報

事件の住所:遼寧省営口市天荘台の上流

事件:1934年7月初旬に、遼寧省営口市天荘台の上流で多くの村人が生存して負傷した。 "トゥルードラゴン「そしてリードマットを使ってパーゴラを作りました。数日後の大雨の後、竜は突然姿を消しました。人々の説明によると、それは、2つの長い口を持つ、絵画に見られる竜とまったく同じです。長さ約10メートルのSuには2つの大きな目があります。これは最初のレポートです。

事件発生時期:1934年7月28日2回目返還

事件の住所:遼寧省営口市河湾内

事件:1934年7月28日、村の名前で、ドラゴンが空から川の曲がりくねって降下し、再び上昇し、3隻の船を転覆させ、さらに9名の死者を出したことを発見しました。その後、当時、「Shengjing Times」は「ドラゴンダウンブリューディザリング」という見出しのニュースレポートをすでに作成しており、噂は全国に広がり始めました。

8月8日、営口市の遼河河口から10キロ離れた葦に、村の名前は2つの巨大なものを持つ「竜の死体」を見つけることでした鱗に覆われて、死の前の音は牛の鳴き声のようでした。当時、営口警官隊が現場に到着し、「竜の死体」をドックに運びました。「盛京タイムズ」は再び人々をインタビューに送りました、そして戦争のためキールの所在の原因は不明です!

そして、1934年の遼寧省での営口竜の落下事件についての真実は何ですか?「死体」は本当に竜ですか?目撃者の記述と「Shengjing Times」インタビューレポートによれば、この死体はほぼ確実です「ドラゴン」、しかし2004年にCCTVの「Into Science」のコラムはこの問題に疑問を投げかけ、真実を語った。

営口での落下竜の真実:

2004年、CCTVの「Into Science」のコラムでは、「70年間の謎を解く」というタイトルのドキュメンタリーを再生しました。これは、営口竜の落下事件に関するものでした。最終的な結論は、ドラゴンではなくクジラが立ち往生していて、まだナガスクジラです。しかし、この結論が出た途端、多くの人から反対がありました。時間が長すぎるため、正確な声明は出ていません!

今月の逸話ランキング

厳選された逸話