2019年のインドの総人口は約13億5300万人で、中国に次ぐ世界で2番目

時間:2020-04-11 16:49:44作成者:JIANN出典:www.sekainonazo.net最多記録:現在地:兄弟学位 > 社会百科事典 > モバイルリーディング

ご存知のように、中国は世界の人口の中で1位です。インドはそれに倣っています。インドは4つの有名な古代文明の1つであり、長い文明の歴史があります。これまでに20人以上がインドで発見されています。新しいタイプの肺炎があります。これは間違いなく、人口が多く、医療や健康状態が悪い国にとって非常に大きな課題です。今日、2019年のインドの人口の総数を示します。

インドは世界の4つの古代文明の1つです

インダス文明は紀元前2500年から紀元前1500年の間に作成されました。紀元前1500年頃、中央アジアに住んでいたアーリア人のグループが南アジア亜大陸に入り、地元の先住民を征服し、いくつかの小さな奴隷国を設立しました、カースト制度が確立され、ブラフマニズムが出現した。紀元前4世紀に出現したマウリヤ王朝はインド、中世の小さな国々、ヒンドゥー教が出現した。1600年にイギリスが侵略し、東インド会社を設立した。1757年にイギリスの植民地となった。1947年8月15日。日本では、インドとパキスタンが分割され、インドが独立しました。1950年1月26日、インド共和国が連邦のメンバーとして設立されました。

世界で2番目に人口の多い国

インドは世界で2番目に人口の多い国であり、豊かな文化遺産と観光資源があります。インドは今日のBRIC諸国の1つであり、世界で最も急成長している国の1つであり、世界になりましたソフトソフトウェアや金融などのサービス産業の重要な輸出国ですが、社会的富の分散が非常にアンバランスな発展途上国でもあり、カースト制度はより深刻です。国土面積は約298万平方キロメートル、2019年のインドの総人口は13億5300万です。

2。インドの地理的環境の紹介

ヒマラヤから南へインド洋にかけて、北部が山岳地帯、中部がインダス川-ガンジス平野、南部はデカン高原とその東側と西側の沿岸平野です。平野は総面積の約40%を占め、山は25%を占め、高原は1 \ 3を占めますが、これらの山と高原のほとんどは標高が1,000を超えません。M.低地で平坦な地形は国に絶対的な利点があり、輸送に便利であるだけでなく、熱帯モンスーン気候や、農業生産に適した沖積土や熱帯黒土などの肥沃な土壌条件下でも利用できます。ほとんどの土地は農業に使用できます。四季を通じて成長し、独特の自然条件を持っています。

3。インドの鉱物資源の紹介

インドは鉱物資源が豊富で、ボーキサイト埋蔵量と石炭生産量はともに世界第5位であり、マイカの輸出は世界の輸出の60%を占めています。1996年末現在、インドの主な資源回収可能埋蔵量は46.389億トンと推定されています原料炭を含む、鉄鉱石97億5400万トン、ボーキサイト22億5300万トン、クロム鉄鉱1億2400万トン、マンガン鉱6500万トン、亜鉛589万トン、銅352万トン、鉛136万トン、石灰石68 477億トン、リン酸塩は8100万トン、金は86トン、石油は8億9600万トン、天然ガスは6700億立方メートルあります。また、雲母、石膏、ダイヤモンドとチタン、トリウム、ウランの鉱床もあり、森林被覆率は21.9%です。

かつて、インドの総人口は世界で2番目でした。最新のデータによると、2019年のインドの人口は約13億5,300万人で、世界第2位です。世界の総人口の17.5%を占めています。注目に値するのは、その成長です。率も非常に高く、成長率は比較的速いです。おそらく近い将来、インドの総人口は我が国を上回り、世界でナンバーワンの国になるでしょう。

今月の社会百科ランキング

社会百科事典より抜粋