世界で最も怖い場所トップ10、メキシコのドールアイランドとパリのカタコンベ、フランス

時間:2017-12-15 17:12:00作成者:22出典:www.sekainonazo.net最多記録:現在地:兄弟学位 > 世界ランキング > モバイルリーディング

世界で最も怖い10の場所がどこか知っていますか?世界でトップ10の禁止地域中国の禁止区域トップ10紹介しておりますが、一部紹介していないところがあります立ち入り禁止区域しかし、非常に怖いです。サイレントヒルのような場所は絶対に行きたくありません。本当に行きたいですか?世界ミステリーネットワークの編集者と、世界で最も怖い場所トップ10について話しましょう。さて、「サイレントヒル」のプロトタイプもここにあります。これらの恐ろしい場所トップ10には、ペンシルバニア、プリピャチ、ウクライナ、メキシコの廃坑がありますドールアイランド、パリのカタコンベ、フランス、コープスファーム、イタリアのカプチンカタコンベ、ホイアの森、マンチャク沼、アメリカのマンチャック沼、青木ヶ原の森別名:自殺の森、セントラリア、セントラリア、アメリカ合衆国の集まりどれどれ。

私たちの住む地球はとても不思議で美しい場所ですが、恐ろしい場所もあります中国で最も邪悪な場所10一箇所とみなすこともできます。もちろん、探検したいという方はリスクを負って発見することもありますが、結果はもっとわかりにくいので、一緒に感じましょう!

1、セントラリア、アメリカ

アメリカ、ペンシルベニア州にあるセントラリアは、災害により地球上で「ゴーストタウンのトップ10」の1つと見なされています。セントラリアには、当初3,000人近くの永住者がいました。1866年に、高収益、新しい炭鉱がセントラリアの斜面に建設されましたが、セントラリアがほぼ完全に廃墟となったのはこの炭鉱でした。この場所は、サイレントヒルの映画の町の原型と言われています。

セントラリアの地下鉱山は巨大なネットワークを形成し、町の廃墟はやや紫色の無煙炭です。1962年以来、地下鉱山は燃え続けています。この恐ろしい火事は墓地で始まるかもしれませんその後、近くの露天掘り鉱山が地下に広がり、地下300フィート約90メートルが火の海に変わりました。地下の石炭火災により、町の気温が急上昇しました。火災が発生すると、有毒ガスが地面や樹木から噴出しました。火口の破壊で根が灰になり、野菜などの植物の茎も焦げたほか、地面が非常に不安定になり、小さな穴が警告なしに突然広がって地下深くになりました。深い穴。

2青木ヶ原樹海外部名:日本の自殺の森

青木ヶ原樹海は富士山のふもとにあります。美しい自然の森の農場ですが、青木ヶ原樹海で最も有名な場所は景色の美しさではありませんが、日本人は自殺をしたいので自殺の森と呼ばれています。青木ケ原樹海で最も有名な場所は景色の美しさではなく、日本人が自殺を求めてここに来るので「自殺の森」と呼ばれ、日本で最も有名な「自殺の聖域」です。地下には豊富な磁鉄鉱があります。、コンパスを誤動作させ、人々が道に迷い死に至る可能性があります。

交通の便が良く、プライバシーも守られているため、青木ヶ原酒海で自殺をする人が多く、青木ヶ原酒海は日本で最初の有名な「自殺リゾート」です。精神的な伝説。世界では、青木ヶ原で自殺した人の数は、米国のゴールデンゲートブリッジで自殺した人の数に次ぐ第2位です。青木ヶ原の森は、遠く、複雑で、近づきにくく、植生が豊富です。自殺がここでの生活を終えることを選択した場合外の世界では生命を発見することは困難です。自殺する人の多くは首を絞めることを選択します。近年、青木ヶ原周海で自殺する人はより多様な方法を採用しています。自殺の森に来る人は何千人もいます。睡眠薬や毒物を服用し、冬に雪が降ると雪に寝そべって凍死する人もいます。1971年以来、地元地域では青木ヶ原樹海の大規模共同調査が毎年行われています10。20日頃、数百人の警察と消防士が自殺の遺跡を捜索するためにシュハイに派遣されました。

統計によると、日本の関連部門は青木ヶ原の森で毎年数百もの死体を発見し、除去しています。当局は、登山道で自殺しないように人々に助言する多数の通知を設定する必要があります。警察はまた、あらゆる可能性を防ぐために森林をパトロールします。自殺した人

今月の世界ランキング

世界ランキングセレクション