中国の歴史の中で最もけちな4人、彼らは死ぬ前に2匹の雑草に火をつけていたので、彼らは死ぬのをためらった

時間:2020-08-14 10:37:03作成者:ZHAO出典:www.sekainonazo.net最多記録:現在地:兄弟学位 > 史上最多 > モバイルリーディング

今日の社会ではけちな人は珍しくありません。物事にとても気を配っています。これはお金に反映されているだけではありません。中国の歴史では、けちな人は4人います中国の歴史4人の最もけちな人!歴史の中での彼らの記録、編集者は彼らのけちについて何かを言わなければならないようです!それらを一緒に知りましょう。

中国史上最もけちな4人

1、Li Meiting-「包囲された都市」より

この役職では医者です。彼は薬の箱を運んでいますが、病気を治すために病気の人に錠剤のパックを与えたくありません。売春が好きで、タバコを買うためにお金を没収するふりをしますそして山州、そのような人は本当に最高です。

2、Lu Zhi-from "A Penn of Money"

本のタイトルを見ると、ペニーを使うのに耐えられない男です。彼の家族は悪くはありませんが、彼はけちなことで乞食にからかわれます。その後、彼は道でペニーを拾いました。銭は餅を買って食べに行きましたが、僧が施しを頼んだとき、彼はそれを与えるのをためらっていました。代わりに僧のワインを飲んで、結局お金はなくなりました。

3、建河法-「荘子」より

この話によると、チエンジーの家族にチエンヘホウから何かを借りたいと思っている米はありませんが、チアンヘホウは来年まで待つと約束しました、そしてチアンジーは怒って彼に言ったので、今少しコメをください、そして私は生き残ります、収穫に引きずることができます、私が餓死するのを待つだけではどうですか!

4。燕建生-「学者たち」より

そしてヤンジェンシェンの最も古典的なクリップは、ヤンジェンシェンが死ぬところだったとき、多くの人々が訪問しに行き、人々がランプにアオウキクサの茎を2本入れました。彼はそれを選んだ後に死んだことを意味しました。それはけちな誇張です。

死神の前でさえも、ケチを最大化することを忘れずに、体の奥深くまで浸透してきた。経済は中国の伝統的な美徳であるが、しっかりと把握し、着実に前進しなければならない!

今月のランキングで史上最多

歴史上最も選ばれたもの