世界で最も裕福な国であるルクセンブルグの最低月給は15,000です一人当たりGDPは素晴らしいです

時間:2020-05-11 16:18:07作者:JIANN出典:www.sekainonazo.netほとんどの記録:現在地:兄弟度 > 世界一 > 地理的に最も多い > モバイル読書

世界で最も裕福な国といえば、無意識のうちにアメリカだと思う人が多いでしょう。実はアメリカは軍事力や経済力が非常に強いのですが、世界で最も裕福な国はアメリカではありません。それで、結局のところ、この世界で最も裕福な国は誰ですか?彼はルクセンブルグです。なぜルクセンブルグが世界で最も豊かな国と呼ばれるのかを見てみましょう。

ルクセンブルクの全体的な経済力の紹介

この国はルクセンブルクです。国の名前は城のように聞こえますが、その経済的レベルを過小評価することはできません。彼らは世界で最も豊かな国と呼ぶことができます。この国の面積はわずか2,586平方キロメートルであり、郡は少し広いですが、面積は小さいですが、国はとても豊かです。人口は60万人未満ですが、GDPは624億米ドルです。つまり、一人当たりのGDPは10万米ドル以上です。米国に比べて米国もやや劣っています。このデータは非常に素晴らしいと言えます。

1、一人当たり最低賃金

この国の最低賃金は2,000ユーロ約15,000元と理解されています。最低賃金は高いですが、最低賃金をとる人はほとんどいません。4,000ユーロ3万元未満の場合、それは自給自足の世帯でさえあります。このデータを見るのは本当に衝撃的です。30,000元は低所得世帯と見なされており、本当にとても裕福です。

2、各種特典

無料の交通手段に加えて、国はより多くの祝日を導入することも計画しています。これは、特定の休日に加えて、地元の人々の休息日が増えることを意味します。この仕事の利点は単にあまり良くありません。とても豊かなので高級車別荘は言うまでもありません。この国でのこれらのメリットは世界で初めてです。本当に素晴らしいです。

3。地域医学教育

まだ終わっていない。地元の医学教育は無料で、人々の質は非常に高い。しかし、人々が少ない主な理由は、地元の人々が子供を産むのがあまり好きではないので、彼らの人口比較的小さいです。多くの利点があり、地域にはいくつかの欠点があるはずです。つまり、地域の娯楽手段が少なく、観光産業があまり発達していないということです。

世界で最も裕福な国であるルクセンブルグは、一人当たりのGDPが非常に高く、米国でさえ彼よりわずかに劣っています。同時に、世界で最も裕福な国であるルクセンブルグは、主に人口が少なく、第二に、一人当たりのGDPが比較的高く、全体的な経済発展レベルが比較的良好であると同時に、国はさまざまな福祉給付金や医療資源を手配しているため、これらの条件はルクセンブルクを世界で最も裕福な国。

今月最も地理的なランキング

地理の最良の選択