黄鶴楼についての十の詩、ここは文学的・人文思想が湧き出るところです黄鶴楼についての詩は歴史上多すぎます

時間:2020-03-02 23:33:15作成者:JIANN出典:www.sekainonazo.net最多記録:現在地:兄弟学位 > 中国のトップテン > モバイルリーディング

古代人は時間をかけて詩を作曲する必要があり、多くの詩人がイエロークレーンタワーで後世の素晴らしい作品をたくさん書いています。彼らは若いときに教科書で多くのことを学びました。彼らは味わうたびに詩を感じることができました感情は後世に受け継がれています。今日は、イエロークレーンタワーに関する10の詩を見てみましょう。

有名な建物と有名な詩が互いに補完し合う

有名な山々、有名な水域、有名な庭園、有名な建物には、有名な詩やエッセイが付いていますが、有名な建物の明かりで染色された有名な詩なのか、それとも有名な詩の明かりで染色された有名な建物なのか?これは問題です。イエロークレーンタワーを利用してください例として、イエロークレーンタワーは、Cui Haoの「イエロークレーンタワー」を有名にしたり、Cui Haoの「イエロークレーンタワー」を有名にしたりしますか?

1、「センカン大正」

唐/王偉

街の下にある長江、川沿いの黄鶴楼

竹蘭はパウダーに胸壁をキャストし、川はあなたを反映します。

Xiakouを吹いて、君主がトップに留まるようにします。

グオメンはカエデの海岸を隠し、公式の侯は呂州に行きます。

He Yi、Huan Lao、Linchuan CountyOriginal Note:One WorkKangle Hou。

注:唐元唐9年721年の第一学者である王偉は、黄鶴楼の最初の3文字が彼の詩「Sang Kang Taishou」に直接登場しました。

この詩には、シーンの説明、ナレーション、叙情性、議論が含まれていますが、概してイデオロギーと芸術の資質は優れていないため、古代と現代の研究者はそれに注目していません。さまざまなアンソロジーが選択されていませんが、少なくともワンウェイがここにいることを証明できますイエロークレーンタワーを通過。

2、「菩薩マン・黄鶴楼」

モダン/毛沢東

中国の広大な9つの学校

シェンシェンは南北に一直線に移動します。

雨と荒野の中

亀と蛇が川をロックしています。

黄河はどこで知りましたか?

残り観光客がいます。

ワイン見学

心が盛り上がっている!

3、「黄鶴楼の広陵廟への黄鶴楼」

唐王朝:李白

故人は黄鶴楼を西に左に、花火は3月に揚州まで下ります。唯一の帆は青空から遠く、揚子江だけが見えます。

翻訳:昔の友達が頻繁に手を振って、黄色い鶴の塔に別れを告げ、3月の春に煙や花のような尾状花序を持って揚州に行きました。友達の孤独なボートの影が消え、青空の終わりに消えます、ミャオユエンの空に向かって急いでいる揚子江のラインだけを見ました。

4、「シ・ラングゾンキンがフルートを演奏している/イエロークレーンタワーを聴く/ベイシー石碑を刻む」

唐王朝:李白

長安に向かい、長安を西に見て家を見ないでゲストを移動させること。黄鶴楼でヒスイ笛を吹くと、5月に江城で梅が咲く。

翻訳:降格すると、嘉義は長安に行って長安や家を見ずに長沙に行ったようです。今年5月に作られた黄鶴楼からフルートがありました江城ではまた梅が咲きます。

5、「オウム島は九十江大王を左に送る」

TangMeng Haoran

Xideng川の黄色いクレーンタワー、川の真ん中にある愛するオウム島

大陸は青い小川に囲まれており、カモとアヒルは海水浴場でいっぱいです。

夕日の浜辺の砂モレーンは長く、砂は明るく輝いています。

船頭が錦織ケーブルを引っ張る、そして女性が羅昌を結びつける

ユエミングは白い葦を見て、風が吹いてデュ・ルオシャンの匂いがする。

国王が選ぶのを忘れないでください。

簡単なコメント:これはイエロークレーンタワーでの有名な別れの詩です。イエロークレーンタワーのユニークな風景を書いた後、Meng Haoranは「王であるとき、あなたはお互いを忘れることはできません。」と彼女の古い友達に深く思い出させました。

6、「江州の国境から外れた2つの懐中時計大臣のうちの2人」

劉玉渓

メンはソファーで不審に感じ、ボートは数千マイルも移動します。

黄鶴楼は見えず、冷たい砂と雪が似ている

コメント:イエロークレーンタワーについての10の詩は不可欠です。これは、旅の途中で劉祐渓が恋しく思った友人です。詩人の心では、イエロークレーンタワーは地理的な表示であり、感情的な支えでもあります。イエロークレーンタワーは見られません。、ミスはさらに深くなります。月明かりの下のビーチでさえ、雪のように冷たく感じられます。

7、「黄色い鶴の塔を登る」

唐代:翠好

かつての人々は黄色い鶴を持って行き、黄色い鶴の塔が空いている。黄色い鶴は永遠に消え、雲は何千年もの間空であった。

青川暦カレンダー漢陽木、香り豊かな草豊かなオウム島。リムーシャンはどこにあるのか?燕房川は人々を悲しませます。

8、「武昌ノスタルジアの十の詩:黄鶴楼」

歌王:白優ちゃん

白い雲と黄色い鶴は遺物であり、彼DuはDing Lingweiでした。洞窟では、都市と都市の変化がわかりません。世界は子孫にやって来ます。

笛江の音が九江の陰を吹き飛ばし、月の影が夜に飛んで漏れる。建物に寄りかかり、蓬莱山の下にある数本の斜めの光線である飛頭を呼ぶ。

9、「黄鶴楼を見る」

東に黄河山を見ると、男性は空中にいます。白い雲が四方にあり、真ん中の山は真っ赤な太陽に傾いています。岩だらけの山がドームを横切り、山も濃いです。ここで不滅の人のことを聞き、飛行技術を学びました。樹齢1000年の空の石造りの部屋。金色のストーブが煙を出し、ユータンは秘密で静かです。古代の遺物や木々、中庭は冷たくて古くなっています。ジアンユーは、余暇を楽しみたがっているので、羨望と登りがあります。山の向こうには不思議があり、山は他に類を見ません。心を結び、緑の松を送ると、ゲストの愛の永遠の理解が完成します。

10、「飲酒後の丁柴が黄鶴楼に詩をぶつけた

黄色い鶴の建物は粉々になり、黄色い鶴の不死身はどこにも頼ることができません。黄色い鶴は空に行って玉皇帝に文句を言いましたが、黄色い鶴は南から戻ってきました。神官官が彫り直し、新しい絵のパウダーウォールがFangfeiに戻りました。若い人たちは互いに嘲笑し合うことがよくあります。Junpingのカーテンの下では、雲はLiaodongのDing Lingweiです。私は詩に驚かれ、白い雲がペンの窓の周りを飛びます。明朝が目覚めるのを待ち、Junと一緒にChunhuiを探してください。

イエロークレーンタワーは歴史的なランドマークであり、多くの文学者が詩を書いたことは当然のことです。実際、イエロークレーンタワーは徐々に受付になりました。詩の素晴らしい場所である宴会、イエロークレーンタワーに関する10の詩を読みましたか?

今月の中国トップ10ランキング

中国のトップ10セレクション