清帝が狩ったムーランのパドックはどこですか?河北省北東部の内モンゴル草原にあります

時間:2019-11-08 09:09:30作成者:JIU出典:www.sekainonazo.net最多記録:現在地:兄弟学位 > 中国で最も多い > 中国地理 > モバイルリーディング

清朝時代、秋の初めから多くの皇帝がムーラン・パドックで狩猟に出かける。特に康西天皇は秋の初めからほぼ毎年秋の狩猟に参加する。清の皇帝が狩りをしたムーラン・パドックはどこにあるのか?河北省の北東部にある。古くから水生植物や動物が豊富な草原であった内モンゴルの草原。

ムーランパドックは河北省の北東にあります

ムーランパドックは清朝時代の王室の狩猟庭園でした。特に秋の初めに毎年狩りをすることになる秋の狩猟が好きだった皇帝、特に1万平方キロメートルを超える狩猟場が特別用途のために開かれました。軍隊を訓練するために来てください。康熙帝が嘉慶に来てから140年の間、105の秋狩りが行われました。使用頻度は非常に高いと言えます。

この狩猟場に興味のある人は、清朝の皇帝によってムーランのパドックがどこで狩られたかに興味がありますか?河北省北東部の承昌市威昌満州とモンゴル自治区にあります。古くから水と草が豊富な豊かな土地でした。ムーランウェイチャンは有名な観光名所で、西漢波国家森林公園、湯田口草原森林風景区、紅松花自然保護区など、それぞれに独特の景色があります。

その中でも、サイハンバ国立森林公園は、中国北部で最大の森林公園であり、多くの動植物、美しい高原湖、ユニークな歴史的遺物があります。そこに遊びに行って、絵のような風景体と心の両方で快適に過ごせるでしょう。他の2つの景勝地にも独自の特徴があり、行った後に覚えやすくなっています。

TVシリーズ「ファンジュゲゲ」「ステップバイステップ驚異」などはすべてムーラン・パドックで撮影された美しい風景で、実は清朝の道光時代に放棄され、現在では国内外で有名になっています。北京の観光名所は実際には王家の狩猟場の一部にすぎず、自然の活力と魅力が醸し出されており、毎年何万人もの観光客が訪れます。

今月の中国地理ランキング

中国の地理の選択