ヒスイウサギのドキドキ薬の話、ヒスイウサギの起源に関する6つの伝説月に飛ぶChang'eはそのうちの1つ

時間:2019-07-12 11:25:15作成者:JIU出典:www.sekainonazo.net最多記録:現在地:兄弟学位 > 中国で最も多い > 中国美術 > モバイルリーディング

翡翠兎ドキドキ薬についての神話は聞いたことがあるはずです。伝説によると、月にドキドキ薬の帯があり、叩かれた薬は妖精になれるそうです。玉露ドキドキ薬の話を聞いた人も多いそうです。ヒスイのうさぎの起源は何ですか?ヒスイのうさぎの起源に関する6つの伝説についてお話します。月に飛んでいるおなじみのチャンジェはその1つにすぎません。

ヒスイのうさぎの由来6つの伝説

凡例1 :

伝説によると、月の中にヒスイのように白いうさぎがいるので、「ヒスイうさぎ」と呼ばれます。ヒスイ乳棒と薬を毎日ひざまずいて、ヒキガエルの丸薬を作ります。この薬を飲むと不死身になる可能性があると言われています。ヒスイうさぎドキドキの薬の話を聞いた人は多いですが、由土の起源については多くの説があります。伝説によれば、由土は長江の化身であり、月に飛び、玉皇帝の意思に反したため、玉は玉ウサギになりました。月が満ちているとき、彼女は薬を作ることによって神を罰します。

凡例2 :

伝説によると、3人の神がいます。キツネ、サル、ウサギの食べ物を物乞いする3人の元気な老人を描きました。キツネとサルの両方が高齢者を助けるために食べ物を持ち出しました。ウサギだけが食べ物を持ち出さなかったが、それは老人に言いました:「あなたは私を食べます。それから彼らは火の中に飛び込みました。神々はとても感動し、ウサギを広漢宮殿に送り、長江と一緒に暮らし、生命のエリクサーを打ちました。

凡例3 :

伝説によると、ずっと昔に、何千年もの間練習して不滅になったウサギのペアがいました。彼らには4人の素敵な娘がおり、そのすべてが非常に白くて素敵な子供でした。ある日、玉皇は天の宮殿に行くためにオスのウサギを召喚し、ナンティアンゲートに来ましたその時、私はタイバイヴィーナスがチャンジーが通り過ぎて天の提督を率いているのを見ました。ゲートガードの神に尋ねたところ、彼はチャンイーに何が起こっているのかを知り、彼女にとても共感しました。

チャンパが月宮に閉じ込められた孤独と悲しみを考えて、すぐに家に戻り、チャンジーの体験をメスのウサギに伝え、チャンイーと一緒にいる子供を送りたいと述べた。メスのウサギはチャンイーに同情したが、耐えられなかった。娘が去ったとき、何人かの娘は両親を離れることに消極的でした。そして、雄ウサギの熱心な説得の後、彼は最終的に幼い娘を手放しました。この小さなヒスイのウサギは両親と姉妹に別れを告げ、薬を作るために長江に同行するために月宮に行きました。

凡例4 :

ユトゥはホイイーによって実際に変更されたという言い伝えがあります。伝説によれば、チャンイーは月に飛んだ後、ホイイーを非常に失い、しばしば悲しかったです。そしてチャンイーが月に行った後、ホイイーは彼女を非常に失いました。彼女と一緒にいるために、チャンイーの大好きな小動物、つまり白うさぎになりましたが、残念ながら昼と夜のことを考えていたフーイがヒスイのうさぎになったことを知りませんでした。

今月の中国美術ランキング

中国美術のセレクション