古典的な絵画スタイルの紹介、曹操中水氏が描く芸術形式曹中大作

時間:2020-05-02 17:09:56作成者:JIANN出典:www.sekainonazo.net最多記録:現在地:兄弟学位 > 中国で最も多い > 中国美術 > モバイルリーディング

古代中国では、画風が独特の著名な画家が多く、その画家の作品は高く評価されてきました。本日は曹操忠水という芸術作品をご紹介します。そうそう、曹操忠水です。どの芸術形式について説明しますか?次の内容を読むと、誰もがこの絵画のスタイルをより深く理解できるようになると思います。

曹操中水、風大

曹操中水は、武大とは逆のコンセプトの絵画です。曹操中水は、仏像が薄くて非常に親密な服を着ているように見え、服を描いた線が多く密集していることを意味します、全体的な感じは、水と濡れた服のようなものです。「呉は風、曹操は水切れです」とは、北チー朝の画家カオ・ゾンダと唐時代の画家ウー・ダオジが作成した2つのスタイルの服のデザインを指します。

1、美術の部類

これら2つのスタイルはどちらも宗教芸術のカテゴリに属し、歌王朝の郭Ruoxuの「絵画とヒアリング・曹操スタイル」に由来します。呉大堂奉は、唐の画家、呉大紫が丸いストロークで仏像を描くのが得意であることを意味します風に吹かれるなど、優れた塗装技術と上品なスタイルで後世に知られるようになるので、曹操忠水はどのような芸術形式を表現しているのでしょうか?実際、曹操忠水は絵画のスタイルです。仏像は非常に細身の服に身を包んでいるように見えます。服を描いた線は数が多く、密度が濃いです。全体的に濡れた服のような感じです。「風が吹くとウーダイ」と比べると、「曹操は水切れです」が先に表示されますいくつか。

2、2人の画家に関連

そして「曹操」は「曹操は水の中、呉大は風」と呼ばれ、曹操は曹中大、呉は呉大紫と呼ばれています。北チー王朝生まれの曹中大は絵を使いましたサンスクリット語の像は有名で、そのスタイルは絵画の歴史に大きな影響を与えています。「曹操家族」として知られ、彼の塗装された服のひだは「水の中の曹操」と呼ばれています。WaDaozi、別名Daoxuan、He NanyangZhai現在の河南省玉県が生まれ、亡くなりました。彼の創作活動は、玄宗皇帝の開元と天宝713-751年頃に行われました。ヤンリーベンに次いで最も有名な画家です。

3、水の中の曹操の絵画風

曹操忠達は北朝鮮と南朝の時代の北チー朝の有名な少数民族の画家でした。もともとは西部地域の郭国サマルカンド出身で、官僚から王朝の散在医師までいました。「有名な絵画の歴史」から引用されました。チー北朝は職人として最もよく知られており、仏像を描くことができます。」曹操一族は仏教の絵画と粘土の彫刻の両方が得意です。彼は独自の方法を開拓し、独特になりました。彼は仏教の絵画を作り、唐の時代には「曹操翔」として知られていました。

簡単に言えば、曹操竹水とはどのような芸術形式を表していますか?実際、曹操水水は絵画のスタイルであり、このスタイルは有名な画家曹Zhongdaに由来します。そして曹操Zhongda自身は非常に有名な少数派の画家であり、私は非常に得意です仏画なので、曹操中水と呼ばれますが、この絵が有名なのは、曹操中田の優れた塗装技術によるものです!

今月の中国美術ランキング

中国美術のセレクション